年が明けてもうひと月。はやいものですね。
にも会(女性にも生きづらさを語れる場所を)のお知らせを持ってまいりました。
日 時 2月19日(木) 16:30~19:30まで(片づけを含め20時まで)
参加費 500円

◎今回のテーマは「当たり前じゃない、恋のはなし」
女子会でテーマは恋愛です!なんていうと、「定番じゃないか」と思われるかもしれません。だからこそ(?)にも会では「定番」とはちがった恋のはなしをしてみたいと思いました。
というのも、人が誰かを想う気持ちやそこから生じる行動は、本当にさまざまで「これが標準、当たり前」と言えるものなんて本当はどこにもないんじゃないかな? と思ったからです。けれど、何となく恋バナは異性愛が前提だったり、ロマンチックラブ・イデオロギーが念頭におかれていたり、意外と「恋ってこういうふうにするものだよね」という無言の前提が共有され、成り立っている気がします。その、無言の前提から見つめ直し考え直す、恋のはなしがしてみたい。
そんな思いをこめて、「当たり前じゃない、恋のはなし」という名前をつけました。

 

◎どんなことを話すの?
今回のにも会は、それぞれが「恋愛」を通して、自分のことを知ったり、「想い」の多様性に出会うきっかけになったらと考えています。
たとえば……
 
◎好きになる人は異性? 同性? 両方?
 
◎どんな恋愛をしていましたか? していますか?
 
◎人を好きになることと、依存の境界線ってどこにあるんでしょう?
 
◎今だから言える恋の話や、片想いの話。
 
◎恋(ココロ)と身体(カラダ)について
 
……などなど、すこし突っ込んだ話も聞いてみたいと思っています。もちろん、答えたくない質問に無理に答える必要はありません。縁あって場をごいっしょすることになった、ふだんのしがらみのない者どうしだからこそできる話もあるかもしれませんね。

 

◎大事にしたいと思っていること
はじめましてどうしで、それなりに突っ込んだ恋のはなしをする。
これって、実はけっこうむずかしいことなのかもしれません。
でも、おたがいに自分の気持ちを、相手の気持ちを尊重し、大事にできたら、きっと素敵な時間を共有できる。
あなたにとって当たり前のことが、誰かにとってはそうじゃないかもしれない。
誰かにとっての想いのかたちが、あなたにとっては理解できないかもしれない。
これが正解とか、どっちの方が正しいとか、ジャッジするための場ではありません。
「分からないな」と思ったときは、そんな自分を責めることなく、ただ、あなたの「わたしには分からない」という気持ちを静かに大事にしてあげてください。
わたしは「人の数だけ恋の歴史が、想いのかたちがあるんだなぁ」と圧倒されるのを、今から楽しみにしています。
◎あたたかい紅茶やコーヒーは用意してあります。差し入れなどありましたら歓迎します。
 場所がら冷え込みますので、あたたかい格好で起こしください。

◎途中参加、途中退席は自由です。ご無理のないかたちでご参加ください。

 みなさまの参加をお待ちしております。
 
◎このよびかけ文を読まれた方へ
ここまで長文へのお付き合いありがとうございます。
にも会のよびかけ人、のだあやかと申します。
MLやFBで告知させていただく結果、不特定多数の方がこのよびかけ文を読まれるにあたって、一言だけ。
今回、よびかけ文を考えるにあたって、ずい分考えました。「当たり前じゃない、恋のはなし」と題打っていますが、そもそもこの言葉が矛盾をはらんでいること、承知しています。だって、恋愛それ自体を、そもそも全員がするとは限らないのですから。「好き」という気持ちが「恋愛」という枠に当てはまらない人もいる。それこそ、恋愛だって「しなくちゃだめ」なものだとは、わたし個人は思っていません。デリケートなテーマですので、ていねいなかたちで扱いたい。それは参加されない方に対しても同じことです。
それぞれの想いのかたちが、そのままで尊重されることを願っています。
よびかけ人 のだあやか