雪のなか、シュールストレミングに挑戦してきた。
IMG_3447.JPG
シュールストレミングは、スウェーデン産の発酵食品。ニシンの塩漬けが醗酵したもので、缶詰になっている。通常、缶詰は殺菌処理されるが、シュールストレミングの場合、未殺菌のまま缶詰にされるため、中でも醗酵が進む。そのため、醗酵によって生じた炭酸ガスで缶内の気圧が上がり、開封時、中の汁が猛烈に飛び出すこともある。しかも、「世界一くさい」との定評もある食品だ。フォロのある都会のビルなどでは、とても挑戦できない。そこで、我々は奈良県の山奥、某村まで足を運び、この恐るべき食品に挑戦することにした。

あたりは一面の雪景色、日中でも2度くらいしかない。厳重に冷蔵されていたはずのシュールストレミングは、それでも心なしか、缶上部がふくれているような気がする。本企画提案者のR氏、開缶のために、わざわざ作業着と雨ガッパに着替え、しかし、なぜか手だけは素手で開封にかかった。

缶切りが入った瞬間、ぴゅ~っと汁が噴き出し、猛烈な臭いが立ち上がった。思わずむせ返る一同。近くで、素知らぬふりで雪だるまづくりに励んでいたY氏いわく、「マーキングの猫のおしっこの臭い」。言い得て妙だ。あきらかに泊まった家のぼっとん便所よりも臭かった。
IMG_3469.JPG
汁をきると、中からニシンの切り身が出てきた。醗酵が進みすぎると液状化することもあるというから、固体がちゃんと残っていたのはよかった。しかし、それにしても臭い。菌たちが猛烈にかもしまくっているエネルギーが感じられる。すでに菌に負けそうだ。

まずは、提案者のR氏が挑戦。何度か口に持っていっては引き返したあと、ついに実食。出てきた言葉は「何なんすか、これはね……」。食後のすべてを解脱しきったような表情が印象的だった。

私自身の感想を言えば、意外とおいしかった。味は塩からのようなもの。臭いは強烈だが、食べてしまうと、意外と食べられる。調子にのって、けっこう食べてしまった。しかし、その後、風呂上がりに、軽いじんましんが出た……。あまりの猛烈な菌たちの襲来に、免疫系が反応してしまったのだろう。でも、たぶん今は腸内フローラで花咲かせてくれていることと思う。

帰路、おみやげに密封タッパーにシュールストレミングを入れ、クルマで移動。しかし、大雪のために大渋滞に巻き込まれ、なんと9時間半もかかってしまった(普通なら3時間)。車内に充満してくるシュールストレミングの臭い。まったく動かないクルマ。たまっていく疲労……。阿鼻叫喚とはこのことかと思い知りました。

翌日、自分から出るガスの臭いがシュールストレミング臭だったのにはびっくり……。しかし、シュールストレミングを経験したので、世界の、だいたいの発酵食品とは仲良くできそうな気がする。人間の“食”って、おもしろい。