コムニタス・フォロは、10月7日にゼロ期をスタートして、これまでに3回、サロンを開きました。文字通りゼロ、白紙から始めているので、ほんとうに手探りで進んでいますが、そういう手探りの一つひとつが、大切だと思っています。
 以下、近況報告を兼ねて、今後の活動について、現在、決まっていることをお知らせします。

●毎週・土曜日(午後1時~6時)の時間の使い方について
・まず、ミーティングを持つことを決めました。午後2時~開いています。
・それから、アドヴァイザーの方について知っていただく時間もあったほうがよいだろうと、アドヴァイザーの方の活動などを紹介する時間をもつことにしました(午後4時~5時)。これを仮に「ゼロ講座」とでも呼んでおきます。

●企画・プロジェクトについて
 活動の軸となるようなものをつくっていきたいとの声もあり、いくつか企画やプロジェクトを考えています。

1.「現場」プロジェクト
 これは、さまざまな「現場」を見てまわる企画です。たとえば、とさつ場、ゴミ埋め立て地、釜ヶ崎、刑務所など。日常生活に深く関わっているのに、フツーに生活していると見えなくなってしまっている現実・現場を見てみたい、見えない壁を越えて、いろんな現場に行きたいと思っています。

2.「聞く」プロジェクト
 文字通り、さまざまな人に話を聞く企画です。
 たとえばアドヴァイザーの方だったり、農家や職人さん、ホームレスの方など、これも職種や立場を問わず、いろんな方に会うことができればと思っています。

3.微々プロジェクト
 地域ごとの微々たるちがいを追う企画です。たとえば交通標識の立て方、ゴミ収集の仕方から、ジャンケン、暴走族の習慣などなど、さまざまな微々たるちがいを追う予定です。まずは近畿圏から始めようかと話しています。

4.その他の企画
 このほか「ただ1日中、街に座ってみる」企画、「温泉に行きたい」などの声があがっています。

 それぞれの実施内容はHPで公開していければと考えています。

●講演会など
・現在、決まっている講演会は、二つです。
・11月19日(日)に森岡正博さん(哲学者)を講師にお招きして、エルおおさかで講演会を開きます。
 ↓  ↓
http://www.foro.jp/communitas/information.html

・少し先ですが、2月12日(月・祝)に、芹沢俊介さん(評論家)と高岡健さん(精神科医)の対談集会を予定しています。

・このほか、ちんどん通信社の林幸治郎さんを囲んで、ざっくばらんな集会を開きたいと考えています。

以上、簡単ですが、ご報告まで。

NPO法人フォロ
山下耕平