フォロのボランティアを始めて、今年の6月で丸5年!! 自分自身、ボランティア当初は5年も関わらせていただけるとは思っておらず、ボランティア友だちに「2年もボランティアやっててすごいね!」と話していたのに、今じゃその友だちに「もう5年にもなるんやね!!」とビックリされています。

 フォロと出会う前、1年間幼稚園教諭として働いていました。小学校受験対策の園だったので、子どもたちに勉強を叩き込むようなカリキュラム方針&先生どうしの人間関係&勤務時間外の仕事などストレスが重なり、体調を崩してしまい、辞めることになりました。
 その後、「幼稚園ではもう働きたくない」とトラウマになってしまったので、まったくちがう業種の飲食店(カフェ)でフリーターとして働くことにしました。飲食未経験だったので、慣れない仕事に四苦八苦しているときに「今まで子どもとずっと触れ合っていたから、なんか寂しいな」と、ふと思うようになりました。もともと、子どもは好きなので「何か子どもと触れ合うようなことをしたいな」と思って、学童保育などを探しているなかで、フォロに出会いました。

●当初は力みすぎ?

 フォロのボランティアになった当初は、「自分はここで何をしたらいいんだろう?」と思いつつ、ときに子どもの悩み相談に入り込みすぎてしんどくなったこともありました。今は「自分のできる範囲で関わる!ボランティアやから無理はしない!」と少しずつ割りきれるようになってきたので大丈夫ですが、当初は「何か力にならなきゃ!!」と力が入りすぎていて、自分自身でしんどくしていたのでしょう。
 じょじょに子どもたちとうち解けてきたころ、ひとりの男の子が「飲食で2年バイトしたら調理師の受験資格がもらえるから、2年がんばって調理師取るねん!」と話をしてくれました。そのとき、私も飲食バイトして1年弱だったので「私もがんばれば調理師取れるかも?」と思い、独学で勉強して2008年に調理師免許を取得しました♪ 調理師取得後、キッカケを与えてくれた当人さんに話をすると「そんな話したんや! 覚えてないわ」と当人さんはすっかり忘れていましたが、おかげで資格取れたのでありがとう♪

●料理をいっしょに

 調理師取得後は、「調理師やから何でも料理ができる」みたいなレッテルをペタッと貼られてしまったので、料理担当ボランティアの称号をいただきました(笑)。調理師は筆記のみの受験なので、知識に料理の腕が追いついてるかはわかりませんが、いろいろな料理を子どもたちといっしょに作るたび勉強させていただいてます。
 フォロと出会ってから、ほんとに多くの人と「一期一会」の縁があったなと思ってます。それは子どもたちだけでなく、ボランティアさんやスタッフさんも含めてフォロに関わるみなさんと♪ その縁がキッカケで資格取得ができたし、いろんな職業のボランティアさんとも知り合い、友だちになったり、いろいろなお話をうかがえたりと自分にとってプラスになることばかりで、この場に出会えたことを本当に感謝しています♪
 バイトとボランティアの両立は難しいときもありますが、今後もできる範囲フォロに関わって、より多くの「一期一会」の縁を感じていけたらいいと思ってますので、これからもよろしくお願いします♪

Tags:

Comments are closed